執事黒星は傅かない ネタバレ 39話!オリヴァーとのわだかまりが解けた黒星は日本へ

漫画ネタバレ

 花とゆめで連載中の漫画「執事黒星は傅かない」(音久無先生)39話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

紫と日本へ帰国する事を決めた黒星…スティーヴンにかつての約束を守れない事を打ち明けますが…?

執事黒星は傅かない ネタバレ 38話はこちら>>>

「執事黒星は傅かない」は、U-NEXTで無料で読むことができます♪

無料で読める!/ 

今すぐ「執事黒星は傅かない」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

 

U-NEXTは、31日間無料トライアル実施中。

会員登録で600分のポイントがもらえます!

「執事黒星は傅かない」を無料で楽しめるんですよ♪

→「執事黒星は傅かない」を全話無料で読む方法はこちら!

執事黒星は傅かない ネタバレ 39話!オリヴァーとのわだかまりが解けた黒星は日本へ

スティーヴンのところに黒星から連絡がきました。

その日の夜、温室の前で黒星とスティーヴンは顔を合わせることになります。

 

黒星は、天体望遠鏡をセットしているところでした。

呼び出されるなんて懐かしい・・・と感慨深そうに語るスティーヴン。

黒星はわざわざ出向かせたことをお詫びします。

この温室に2人で来るのはいつ以来だろうと言い、昔話に花が咲きました。

幼い頃の2人は、寝室を抜け出してよく星を眺めていたもの。

懐かしさを感じる天体望遠鏡と一緒に、無邪気だった頃の思い出話をしました。

 

思い出話が落ち着いた頃、ロンドンでの物件探しの話をなかったことにしてほしい、と黒星は言います。

紫と日本に帰ることにしたのだとスティーヴンに伝えました。

その顔はどこかすっきりしていて、憑き物が落ちたようでした。

スティーヴンは、こうなることをどこかで予想していたと言います。

かつて紫を、夫人として迎えたいと言っていたスティーヴン。

そして紫が信頼を置く人物として一緒に来てほしいと、黒星にも声をかけていたのです。

でも黒星と紫が一緒に日本に帰るとなったからには、スティーヴンの提案をのむわけにはいかなくなりました。

「お前にお嬢は譲らない」

黒星は目の前のスティーヴンに宣言しました。

その宣言を聞いたスティーヴンは優しく微笑みます。

黒星が生きる意味を見つけてくれて嬉しいと言うのです。

思いがけない反応に戸惑う黒星。

どうやらスティーヴンが今まで散々黒星を煽ってきたのは、黒星の背中を押す意味も込められていたようです。

でもスティーヴンが、紫を気に入っているのは変わりません。

もしも黒星が紫を泣かせるようなことがあったら奪いに行く、と宣戦布告します。

本気で奪われそうな気がするから、と黒星は焦ります。

スティーヴンは由緒正しい家の出身。

誰からも憧れられるような華やかな生活をしています。

それに比べて黒星は雇われの執事。

家族とさえうまく向き合えない人間なのです。

だからスティーヴンには敵わないーーー。

黒星は心の底からそう思っていました。

 

スティーヴンは昔のことを思い出します。

かけっこも勉強も、いつも黒星には勝てなかったこと。

それに気付き、幼い黒星がスティーヴンを守るために去っていったこと。

スティーヴンは黒星に恩を感じていたようです。

「君は僕のヒーローでした」

黒星が日本に帰る前に、ずっと抱いていた気持ちを伝えることができたスティーヴン。

それから大切な存在であることを再確認した2人は、昔のように天体観測を楽しんだのでした。

 

紫と黒星が日本に帰る日がやってきました。

スティーヴンが空港まで見送りに来てくれます。

そこにマリウスが車椅子に乗ったオリヴァーと共にやってきました。

マリウスはどこか嬉しそうです。

それもそのはず、生まれて初めてオリヴァーから「空港に連れて行って欲しい」とお願いをされたのですから。

黒星は病み上がりなのに空港に来たオリヴァーに、呆れた様子で声をかけます。

何をしているんですか・・・と言われたオリヴァー。

目線を逸らし、バツが悪そうにすまないと言いました。

黒星は、車椅子を押して走ってきたマリウスにも注意します。

それでもその小言は、見送りに来てくれたことの嬉しさを隠すためのようでした。

紫も嬉しそうにしています。

 

オリヴァーは紫に話しかけます。

たくさんの無礼を働いてしまったことを詫び、黒星と一緒にいてくれたことにお礼を告げました。

マリウスも紫の手を取り、目をうるうるさせながらまた来てね、と伝えます。

別れの時間が近づいてきています。

みんなと離れる前に黒星は、紫と結婚を前提に付き合っていることを報告しました。

全く予想していなかった展開に、見送りに来たメンバー達は驚いてしまったのでした。

 

飛行機の時間が迫り、そろそろ行かなくてはなりません。

オリヴァーは黒星の名を呼びます。

そして、響子からの手紙の内容を伝えられなかったことを謝りました。

オリヴァーは黒星が真実を知った時、響子の死は自分のせいではないかと思ってしまうことを心配していたようでした。

だから手紙の内容を伝えなかったーーー。

黒星はそれに気づくまでに、かなりの時間がかかってしまいました。

でも同時に、得た物もあります。

オリヴァーが相当不器用な人間だと知れたこと。

そして黒星に気遣いをしていたことを知れたことです。

「ありがとう、父さん」

黒星はオリヴァーに向かって言いました。

父さんと言われたオリヴァーは、はっと顔を上げました。

黒星とオリヴァーのわだかまりが解けた瞬間でした。

 

飛行機に向かって歩き出す2人。

紫の荷物からテディベアが落ちます。

スティーヴンは、それを拾って紫のもとに届けました。

「ごめんね、ミニグレゴリー」と言ってテディベアに声をかける紫。

黒星が作り、名付けたテディベアがグレゴリーという名前なのがみんなに知れ渡ってしまいます。

くすくすと笑いをこらえるスティーヴンたち。

黒星は恥ずかしそうにしていて、早くその場を去るため紫の名を呼びます。

「グレゴリー!」

歩きはじめた黒星と紫の背中に向かって口々にその名が呼ばれました。

振り返る黒星。

黒星の顔は真っ赤で、紫の前でその名前を呼ばないでくださいと言い、とても恥ずかしそうです。

そう、黒星のファーストネームはグレゴリー。

それを初めて知った紫は、すごく驚いてしまうのでしたーーー。

執事黒星は傅かない ネタバレ 40話に続く>>>

執事黒星は傅かない を無料で読む方法は?

「執事黒星は傅かない」は無料で読めるのかしら?

「執事黒星は傅かない」はU-NEXTで無料で読めるみたいだよ!

「執事黒星は傅かない」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました♪

サービス 配信状況 特徴
U-NEXT ・31日間無料トライアルで600円分のポイントもらえる
・今すぐ無料で「執事黒星は傅かない」が読める
・月額1990円(税抜)

U-NEXT公式サイト

eBookJapan ・会員登録無料
初回ログインで30%OFFクーポンがもらえる
・電子書籍購入でTポイントが貯まる

eBookJapan公式サイト

まんが王国 ・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元あり
・無料漫画が常に3000作品以上

まんが王国公式サイト

music.jp ・30日間無料おためしで600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

FOD ・2週間無料おためしで最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜)

FOD公式サイト

「執事黒星は傅かない」は、U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントで、すぐに無料で読めるのね♪

しかも、31日間ずっと無料で使えるんだよ!

無料期間中に解約すれば、月額料金もタダなんだ。

でも、無料から継続すると1200円分のポイントがもらえるから、継続利用もおすすめなんだよ♪

U-NEXTの無料期間中は、アニメ・ドラマ・映画も見放題♪

漫画がドラマ化・映画化された作品も無料で視聴できます。

U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてくださいね!

無料で読める!/ 

今すぐ「執事黒星は傅かない」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

執事黒星は傅かない ネタバレ 39話 の感想!

2人がイギリス生活を終えられて安心しました。

オリヴァーやスティーヴンとのわだかまりもなくなり、それぞれが前を向けたハッピーエンドだと思います。

それにしても、紫に贈ったテディベアに自分のファーストネームをつけていたとは。

そんなこと誰かにばれたら恥ずかしすぎて大変ですよね。

黒星の可愛いところも見れた幸せな回でした!

まとめ

「執事黒星は傅かない」ネタバレ 39話をご紹介しました!

オリヴァーとのわだかまりも解け、スティーヴンとも話し合えた黒星。

過去の想いを精算した彼は、どことなく明るい表情ですね!

日本に帰国したら、ラブラブな展開が待っているのでしょうか?

グレゴリーだった下りも面白かったです!

個人的にはマリウスも可愛かったです(笑)

続きが気になりますね♪

「執事黒星は傅かない」は、U-NEXTの31日間無料トライアル無料で読めます♪

無料で読める!/ 

今すぐ「執事黒星は傅かない」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

ネタバレだけじゃなくて、絵とあわせて「執事黒星は傅かない」を楽しんでくださいね♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました