ミステリというなかれ ネタバレ 1巻(ep1)!事件の容疑者の1人にされた久能…

漫画ネタバレ

flowersで連載中の漫画「ミステリと言う勿れ」(田村由美先生)1巻(ep1)を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

近くの公園で、同じ大学の同級生である寒河江の遺体が見つかり、自宅でカレーを作っていた大学生の久能が容疑者として疑われてしまいます…

「ミステリと言う勿れ」は、U-NEXTで無料で読むことができます♪

無料で読める!/ 

今すぐ「ミステリと言う勿れ」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

 

U-NEXTは、31日間無料トライアル実施中。

会員登録で600分のポイントがもらえます!

「ミステリと言う勿れ」を無料で楽しめるんですよ♪

→「ミステリと言う勿れ」を全話無料で読む方法はこちら!

ミステリというなかれ ネタバレ 1巻(ep1)!事件の容疑者の1人にされた久能…

一人暮らしをしている大学生の久能。

冬を迎えたある日の朝、彼の所に大隣署の藪と池本という二人の刑事が訪ねてきました。

藪は警察手帳を見せながら久能に昨夜の10時頃どこにいたかと訊ねると、久能は家でカレーを作っていたと答えます。

そんな彼に、近くの公園で同じ大学の同級生である寒河江の遺体が見つかった事を告げた藪。

話を聞いてもあまり驚かない久能の様子をじっと見つめると、取調べをする為、彼を署まで連行したのでした。

 

警察署にて取調べを受ける久能。

昨晩は大学から帰ってからずっと家にいたと説明しますが、証明できるものは何もありません。

そこに青砥という別の刑事が入ってきて、被害者の寒河江とは高校でも同じクラスだったそうだねと投げ掛けました。

彼がどういう人物だったか訊ねられた久能は、父親が社長の金持ちのボンボンでチャラくて派手であまり近寄りたくないタイプだったと答えます。

その悪意のある言い方に藪は、キライということだなと呟くと、昨日の犯行時刻に公園で君と寒河江が言い争っているのを目撃した人がいるんだと久能に言いました。

しかし久能は少しも動揺することなく人違いでは?と返すと、淡々と話し出します。

あんな暗い公園でよくはっきり見えましたね。その人は何をしてたんですか、僕はどんな服を着てましたか?というか皆さんはその目撃者の人をよく知ってるんですか?

その質問に青砥は、そんなわけないだろ、善意の第三者だよと返しました。

じゃあ僕と立場は同じなのに、どうしてその人が本当のことを言っていて僕の方が嘘をついていると決めつけるんですか?

久能の言葉に青砥は、わざわざ名乗り出て嘘をつくメリットがないだろと返します。

殺人の疑いをかけられているのにもかかわらず妙に落ち着いている久能。

彼は、何もしてない僕を冤罪に落とし込むほど警察はバカじゃないですよね?と、前に座っていた藪の目をじっと見ながら問いかけました。

その一部始終を窓の外から見ていた池本は、ゆとりって凄いなと顔を青くします。

すると傍にいた坊主頭の刑事の乙部は、お前も同じじゃないかと言うと、来年父親になる池本に女の子は薄情なもんだぞと愚痴をこぼします。

そして横にいた風呂光という女性刑事に、お茶がぬるい!と怒り、ペットが死んだくらいで遅刻するなと怒鳴りました。

その横を今日の取調べを終えた久能は静かに通り過ぎていったのでした。

 

取調べ二日目。

今日の久能の担当は、乙部と池本、風呂光の三人です。

事情聴取を始めようとした乙部に久能は、娘さんをかわいがって育てたんですかと投げ掛けました。

なのにお父さん臭いとか汚いとか、洗濯物一緒に洗わないでとか言い出した?

そう淡々と言う久能。

でもそれは娘さんのせいじゃない、父親への警戒警報を出す遺伝子の生き物として当たり前の反応です。

そう続けた久能は、それを寂しく思う乙部さんはちゃんと娘さんと向き合ってきて、間違った育て方ではなかったということですと告げたのです。

一瞬固まった乙部は、変な所をつかれてしまったのか頭を掻きながら退出していきました。

 

今度は風呂光による指紋採取が始まります。

スキャナーに手を重ねながら久能は、パソコンを操作する彼女の手が震えている事に気が付きます。

ペットが亡くなったって、それは猫ですか?ずっと看病していたのに目を離した一瞬の隙に亡くなってしまった?

ハッとした表情をする風呂光。

そんな彼女に久能は、猫なら当たり前です、あなたに死ぬところをみせたくなかったんです、そう風呂光に投げ掛けました。

母方の祖母も入院中にみんながいなくなった一瞬に見計らったように亡くなった久能。

気の強い優しい人だったからそうしたのは祖母の思いやりだったのだと思う。

久能は彼女の猫と重ねるように自分のエピソードを話します。

そんなの偶然でしょとあしらう池本に、捕まるなら池本さんより風呂光さんがいいですと久能は言いました。

二人の会話を聞いていた風呂光は、女だからといって舐めないで下さいと顔を歪ませます。

そんな彼女に久能は、あなたが舐められないように気をつけなければいけないのはこの署のおじさんたちだと思います、そう告げたのでした。

 

藪に呼ばれ席を外した風呂光に代わって今度は池本が久能と対峙します。

しかし彼も久能に、奥さんとケンカでもしたんですかとあっさりと言い当てられてしまいます。

池本は、つきあいで帰れなかったりして妊娠五ヶ月になる妻の機嫌が最近ずっと悪いことに愚痴をこぼし始めました。

ゴミ捨てしに行っているだけでも感謝してほしいよと言う池本に久能は、ゴミ捨てというのは家中のゴミをかき集めて分別するところまでが面倒なんですよと告げます。

それで感謝しろと言われてもと言う久能に、痛い所をつかれた表情を見せる池本。

藪はそんな池本も退出させると、授業があると言う久能を解放します。

あれは間違いなくやってる。

長年の勘が、藪にそう訴えかけるのでした。

 

取調べ三日目。

取調べ室に入った池本は、昨日言われた通りゴミの分別からしてみたら、ゴミ袋を買ってきただけで妻が泣いて喜んだと嬉しそうに話します。

その後、昨日言っていた私の存在価値ってなんですか?と訊ねる風呂光。

彼女の問いに久能は、権力をもち徒党を組んで悪事を働くおじさんたちは、そこに女の人が一人混ざっていると鉄の結束が乱れて、彼らはやりにくくなるんですと話しました。

群れで立ちあがったり集団で戦ったりしない女の人は、普通だったら個人ではおじさんたちに排除されてしまう。

しかしその中でももう一種類の人間がいたらいいなと久能は言います。

おじさんたちが不正をしづらいように見張れる存在、そんな人とは違う存在に風呂光にはいてほしいと語りかけたのです。

そこに藪が入ってくると、久能に果物ナイフは持っているかと訊ねました。

台所の引き出しにしまったままだと答える久能。

被害者の血液と久能の指紋がべったりついた果物ナイフが発見されたのです。

うまく捨てたつもりだったろ、藪はニヤリと久能に笑いかけます。

何ブロックも離れたマンションのゴミ捨て場から見つかったそのナイフは、住人のゴミのチェックによって発見されました。

その話を聞いた久能は、この場合二通り考えられませんかと切り返します。

自分のナイフを使って殺した場合と、誰かがナイフを盗んで手袋をして殺した場合。

そんな屁理屈にカッとなった藪は久能につかみかかり、おまえが殺ったんだ!!と怒鳴りつけました。

すると久能は表情を変えることなく、妻と子どもの死に目に会えなかったのかと訊ねたのです。

お前が言ったんだなと池本を睨みつける藪。

一昨年の夏にひき逃げにあった彼の妻と息子は帰らぬ人となり、その犯人はまだつかまっていません。

藪は横目で久能を睨みつけるとこう言ったのでした。

必ず捕まえる。お前もな。

 

家宅捜索の令状がおりたと告げた藪に、久能は初めて動揺した様子をみせます。

必死で拒否する久能を見て、藪は楽しみだと言って出ていきました。

取調室に残った青砥を見て久能は、彼が冤罪事件で昔話題になっていた事を思い出します。

連続幼女誘拐殺害事件で無実の人を逮捕してしまった青砥。

また冤罪事件を起こすつもりですかと言う久能に青砥は、あの事件は冤罪じゃない、俺は今でもあいつが犯人だと思ってると告げました。

どれだけ虚言を尽くしても真実は一つだ、そう言って鋭い目を向ける青砥。

しかし久能は、その人の捉え方次第で真実は何通りにもなり得ると語ります。

人は主観でしかものを見られないし、だから戦争や紛争ではどちらも嘘をついてなくても

必ず食い違うもの。

だから真実は人の数だけあるんですよ。警察が調べるのは事実であり、真実ではないです。

そう語った久能は、僕はやってませんと最後告げたのでした。

 

家宅捜索を終えた藪は、久能ののノートパソコンから出てきた寒河江へのお金の借用書のテンプレートをつきつけます。

金銭がらみで言い合いになり殺したんだろ?と久能に問いかける藪。

金持ちなのを鼻にかけた嫌なやつと寒河江を表現した藪の言葉に久能は、苦手だったのは明るくて人気者だったからだと言いました。

彼との過去を語っていくうちに、久能は何かを思い出したのかいきなり黙り込んでしまいます。

そしてそのまま喋らくなってしまったのでした。

 

取調べ四日目。

子どもに付ける名前の事で妻とケンカをしてしまった池本は、久能に泣きつくように相談します。

そんな彼に久能は、結局子どもの名前をたくさん呼ぶのは奥さんですからとアドバイスしました。

池本に風呂光と話したいと頼んだ久能。

部屋に入ってきた彼女に久能は、自分の家の台所の引き出しに果物ナイフが入っていたか訊ねました。

実際彼の部屋にナイフはありませんでした。

誰かが自分に罪を着せようとしてる。

そう告げた久能は抵抗する意志をみせます。

しかし玄関や部屋の窓の鍵にはこじ開けられた形跡はなく、大家さんのアリバイもしっかりしています。

久能は風呂光にもう一つの可能性を提示しました。

一年程前に家の鍵を落としたことがあった久能は、交番に届けられるまでの間に合鍵を作られた可能性を話すと、鍵を拾ったのは誰だったのか調べてほしいと依頼します。

すると出てきた結果は風呂光の驚くものでした。

それを聞いた久能はやっぱりかと頷くと、自分の部屋を捜索した時その証拠を見つけたのは誰だったのか訊ねます。

彼女からある人物の名前を聞いた久能は、もう一つお願いしたいことがありますと風呂光に告げたのでした。

 

取調べ五日目。

久能は藪に、寒河江が高三の春に免許を取った事を思い出したと話し始めます。

父親に高額な車を買ってもらったと自慢していた寒河江は、夏休み明けになると急にその車を手放していました。

久能はある一つの仮説を提示します。

夏休みの間に人身事故を起こしてしまった寒河江は、父親の権力を使って事件にせずもみ消しました。

その被害者こそが、藪の妻と子どもだったのではないかとーー。

部屋にいた一同が、久能の話に言葉を失います。

久能はそう思った理由を淡々と話していきます。

目撃者を訊ねた時に、藪の反応で寒河江の知り合いだと思ったこと。

ナイフが見つかったマンションを藪が「あそこ」と表現したこと。

自分の部屋を捜索するとなった時に、藪から「押入れ」「ノートパソコン」といういかにも部屋の中を知っているかのようなキーワードが出てきたこと。

 

久能の家の鍵を交番に届けたのは、藪だったのでした。

合鍵を作っていた藪は久能の部屋に侵入して果物ナイフを盗み、家族の復讐を果たすため寒河江を殺したのです。

真相に行き着いた久能に諦めたのか、事の真相を話し始めた藪。

背中を向け部屋を出ていこうとした藪に久能は、復讐は楽しかったですか?と問いかけました。

妻と子どもの死に目にかけつける時間はなくても、寒河江に復讐するための準備の時間はとれたんですね。復讐や仕事と違って、生きている時の家族に関わることにはあなたはやりがいを見いだせなかった、違いますか?

その久能の言葉は藪の心の奥深くを刺していきます。

それでも淡々と続ける久能に藪はカッとなって胸倉をつかむと、妻や子を持ったことのないお前に何がわかる!と怒鳴りました。

確かにわかりませんよ。でも僕は子どもを持ったことはなくても、子どもだったことはあります。今の言葉は子どもの立場からの意見です。

そう告げた久能。

藪は苦しそうに頭を抱えると、膝から崩れ落ちました。

 

そんな彼に久能は、もう一つ思い出したことがあると言ってエピソードの続きを話し始めました。

寒河江が車を手放した理由を模試の成績が悪くて親父に取り上げられたと友人に語っていたのを聞いていた久能。

その続きに、まあでも部活の先輩に貸してばっかで全然乗ってなかったからいいけどと寒河江は言っていたのです。

ひき逃げは果たして本当に寒河江がしたのかと藪に訊ねた久能。

寒河江の部屋から見つかったイニシャルと金額が書かれたメモから、先輩たちから金を脅し取られて車を勝手に乗り回されていたのかもしれない、と仮説をたてました。

金持ちのボンボンの苦労知らずに見えてただけで、それはあいつのプライドでチャラチャラ見せてただけなのかもしれません。

久能がそう投げ掛けた時、風呂光がある結果報告を持って部屋に飛び込んできました。

久能からの依頼で寒河江の先輩たちをあたっていた彼女は、寒河江の車で人を轢いた人物に行き着いたのです。

ようやく事件の真相にたどり着き解放された久能。

うなだれる藪に彼は最後に、時間を復讐に使うのではなく、彼を大事に思ってきた奥さんや子どもの好きだったものを探すことに使って下さいと投げ掛けます。

ただ者とは思えないそんな久能に青砥は、もう二度とこんなところ来るんじゃないと罵声を浴びせながらも感慨深そうに見送ったのでしたーー。

>>>「ミステリというなかれ」 ネタバレ 1巻(ep2)に続く

>>>「ミステリというなかれ」 ネタバレ 全卷まとめはこちら

ミステリというなかれ を無料で読む方法は?

「ミステリと言う勿れ」は無料で読めるのかしら?

「ミステリと言う勿れ」はU-NEXTで無料で読めるみたいだよ!

「ミステリと言う勿れ」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました♪

サービス 配信状況 特徴
U-NEXT ・31日間無料トライアルで600円分のポイントもらえる
・今すぐ無料で「ミステリと言う勿れ」が読める
・月額1990円(税抜)

U-NEXT公式サイト

eBookJapan ・会員登録無料
初回ログインで30%OFFクーポンがもらえる
・電子書籍購入でTポイントが貯まる

eBookJapan公式サイト

まんが王国 ・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元あり
・無料漫画が常に3000作品以上

まんが王国公式サイト

music.jp ・30日間無料おためしで600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

FOD ・2週間無料おためしで最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜)

FOD公式サイト

「ミステリと言う勿れ」は、U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントで、すぐに無料で読めるのね♪

しかも、31日間ずっと無料で使えるんだよ!

無料期間中に解約すれば、月額料金もタダなんだ。

でも、無料から継続すると1200円分のポイントがもらえるから、継続利用もおすすめなんだよ♪

U-NEXTの無料期間中は、アニメ・ドラマ・映画も見放題♪

漫画がドラマ化・映画化された作品も無料で視聴できます。

U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてくださいね!

無料で読める!/ 

今すぐ「ミステリと言う勿れ」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

ミステリというなかれ ネタバレ 1巻(ep1) の感想!

1話目から衝撃の連続で、久能の人を見抜くすごい能力に思わず読み入ってしまいました。

冤罪なのにも関わらず感情的にならずに、みんなの背景を次々と解いていく久能。

彼は果たしてどんな生い立ちを持っているのか気になります。

そして殺された寒河江の背景や、事故にまきこまれた藪の妻や子どもの背景までも解いた久能の言葉に、藪は自分がしてしまった罪の愚かさに気付かされたのだと思います。

次回はどんな事件を解決するのか…今後の展開から目が離せませんね!

まとめ

「ミステリと言う勿れ」ネタバレ 1巻(ep1)をご紹介しました!

ある日突然、容疑者として疑われてしまった久能。

しかしその鋭い観察力で、事件の真相や容疑者を言い当ててしまいました。

思わぬ真相に驚いた方もいるのでは?

続きが気になりますね♪

「ミステリと言う勿れ」は、U-NEXTの31日間無料トライアル無料で読めます♪

無料で読める!/ 

今すぐ「ミステリと言う勿れ」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

ネタバレだけじゃなくて、絵とあわせて「ミステリと言う勿れ」を楽しんでくださいね♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました