コレットは死ぬことにしたネタバレ 116話!シイラを助けようとするハデスは陽の光に…

漫画ネタバレ

 花とゆめで連載中の漫画「コレットは死ぬことにした」(幸村アルト先生)116話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

目の前にいるシイラとかつてのコレットを重ねるハデス…周囲の説得をする結果、肌を陽の光にさらしてしまい…!

前話→「コレットは死ぬことにした」ネタバレ115話はこちら

「コレットは死ぬことにした」は、U-NEXTで無料で読むことができます♪

無料で読める!/ 

今すぐ「コレットは死ぬことにした」を読む

※31日以内に解約をすれば0円! 

 

U-NEXTは、31日間無料トライアル実施中。

会員登録で600分のポイントがもらえます!

「コレットは死ぬことにした」を無料で楽しめるんですよ♪

→「コレットは死ぬことにした」を全話無料で読む方法はこちら!

コレットは死ぬことにしたネタバレ 116話!シイラを助けようとするハデスは陽の光に…

シイラが役所に連れて行かれようとしていました。

ハデスは、シイラがコレットの昔の姿と重って見えてしまい、思わず引き留めてしまいます。

シイラが望んで店のものを取ったわけではないように見える、と言いました。

「助けてやれぬか」と言うハデス。

村の人々は、ハデスのことを邪魔者扱いしました。

ーー通りすがりの人に言われても。

ーーノムじいを裏切ったぞ。

取り巻く皆が思ったことを口に出し、とてもハデスの意見が通るとは思えません。

 

ノムじいだけが唯一、ハデスの話を聞こうとしていました。

助けるとは例えばどんなことをするのだ、とノムじいはハデスに尋ねます。

ハデスは、シイラを親から引き離してノムじいが店で雇うのだと言いました。

その代わり、シイラの生活等に必要な費用はハデスが持つと言うのです。

もちろん、ノムじいの店で働いた賃金も払う、と言うハデス。

どう見てもハデスがお金を持っているように見えなかったノムじいは、どうやってお金を出すのだと尋ねます。

ハデスは身につけていたネックレスや、イヤリング、帯留めなどを外し、ノムじいに渡しました。

そこには数え切れないほどの宝石がたくさん付いていたのです。

こんなに大量の宝石を持っているとは一体何者だと尋ねられますが、ハデスは口を割るわけにはいきませんでした。

その代わり、これも売ってくれと言って身につけていた服、靴、手袋と全て外し差し出しました。

ハデスが身につけていたものは、街の人が見てもわかるほどの高級なものばかりなのです。

 

どうしてたまたま居合わせただけのハデスが、見ず知らずの少女にここまでしてあげるのかとノムじいは尋ねます。

ハデスは、ある娘が言っていた、と話し始めます。

過酷な幼少期を過ごした娘がいた。

でも人との出会いに恵まれた娘は今、眩しいほど生きる力に満ち溢れている。

シイラにもそうなれる可能性がある。

 

そうなるためには、第三者の助けが必要不可欠でした。

第三者の助けとはシイラを見届ける後見人、というところです。

もちろんシイラ本人にも「今の苦しい状況から逃げ出したい」という強い意志が必要です。

ノムじいはハデスが身につけていたものを全て売れば、シイラが大人になるまで生活できるくらいのお金にはなるといいます。

そしてハデスに尋ねました。

 

「俺がネコババしないと言い切れるか?」

………

「あなたはしない」

 

ハデスは迷わず言い切りました。

死者の神を信じていると言ったノムじいのことを、信心深い人間だと感じていたのです。

ノムじいは、ハデスに顔を見せてくれないかとお願いしました。

ハデスの顔を見たノムじいは、シイラを引き受けてもいいと心を決めます。

街の人々は、ノムじいが無茶な判断をしたのではないかと、まだ心配しています。

ノムじいはシイラに尋ねました。

大人になるまでの間、親を捨てられるか?

通りがかったハデスが、シイラに人生を変えるほどの大きなチャンスをくれた。

そしてノムじいもこの街の代表として、そのチャンスに乗ることにした。

人生を変えるチャンスは今を逃せばおそらく2度と起こらないだろう。

 

ノムじいは、シイラの答えを待ちます。

シイラは、お父さんによって家に連れ戻されることを心配しているようでした。

その不安や恐怖からか、なかなか答えを出すことができていません。

このままの生活でいいか、その生活が嫌か。

それだけだよ、とノムじいは優しくシイラに声を掛けます。

シイラは、お金がないからと言って家の中で暴れるお父さんの姿や、お父さんに怒鳴られて涙を流すことしかできない自分を思い返していました。

そして「嫌だ」と答えを出したのです。

シイラの意思を聞いたノムじいは、家にある物置をシイラの部屋に変えてしまおうと言いました。

妻もいるので何の心配もない、とシイラに温かい声をかけます。

そうすると、今までノムじいのことを心配していた街の人々からも、応援の声が聞こえてきたのです。

ーーノムじいが心を決めたのなら手伝うよ。

ーー役所に何か言われても、飲む時に協力するよ。

さっきまで反対していた街の人々も、ノムじいやシイラの決意に心打たれ、味方についてくれるようでした。

 

シイラがハデスにお礼を言います。

ハデスはシイラの質素な身なりを心配し、身につけていたマントまで渡してしまいました。

何もかも新しくしてしまえばかならず前を向ける。

したたかに生きよ。

ハデスはそう言って去っていきました。

 

1人になったハデスは、太陽の光を浴びすぎて倒れてしまいました。

ちょうどそこにコレットが帰ってきました。

ハデスを診療所に運ぼうとする街の人々。

でもハデスは診療所では治らないので、急いで冥府に連れて行かなければ、と焦るコレットです。

町の人々が早く!早く!と言って騒いでいる時、突風が吹き荒れてコレットとハデスは姿を消しました。

 

ハデスが気を失う前、言い残したことがありました。

シイラを見てコレットの姿を思い出した。

だからつい口を出してしまった。

まだこちらに来てほしくなかった。

そして、その言葉を口にしたのを最後に、ハデスは目を覚まさなくなってしまったのですーーー。

→「コレットは死ぬことにした」ネタバレ117話に続く

コレットは死ぬことにした を無料で読む方法は?

「コレットは死ぬことにした」は無料で読めるのかしら?

「コレットは死ぬことにした」はU-NEXTで無料で読めるみたいだよ!

「コレットは死ぬことにした」を無料で読めたり、お得に読めたりするサービスをまとめてみました♪

サービス 配信状況 特徴
U-NEXT ・31日間無料トライアルで600円分のポイントもらえる
・今すぐ無料で「コレットは死ぬことにした」が読める
・月額1990円(税抜)

U-NEXT公式サイト

eBookJapan ・会員登録無料
初回ログインで30%OFFクーポンがもらえる
・電子書籍購入でTポイントが貯まる

eBookJapan公式サイト

まんが王国 ・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元あり
・無料漫画が常に3000作品以上

まんが王国公式サイト

music.jp ・30日間無料おためしで600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

FOD ・2週間無料おためしで最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜)

FOD公式サイト

「コレットは死ぬことにした」は、U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントで、すぐに無料で読めるのね♪

しかも、31日間ずっと無料で使えるんだよ!

無料期間中に解約すれば、月額料金もタダなんだ。

でも、無料から継続すると1200円分のポイントがもらえるから、継続利用もおすすめなんだよ♪

U-NEXTの無料期間中は、アニメ・ドラマ・映画も見放題♪

漫画がドラマ化・映画化された作品も無料で視聴できます。

U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてくださいね!

無料で読める!/ 

今すぐ「コレットは死ぬことにした」を読む

※31日以内に解約をすれば0円! 

コレットは死ぬことにした ネタバレ 116話 の感想!

ハデスの芯からの強さを感じました。

これほどまでに、人に対して情をかけてあげられるのは、心にぶれないものを持っているからではないでしょうか。

そして、そんなハデスに救われたシイラ。

救われたのはシイラだけではないと感じました

ノムじいや街の人々も、本当に大切なものは何なのかを、改めて考えることができたのではないかと思います。

そしてその代償に、目を覚まさなくなってしまったハデスが心配です。

コレット、どうか助けてあげてください!

まとめ

「コレットは死ぬことにした」ネタバレ 116話をご紹介しました!

涙なしでは読めませんでした…。

ハデス様…シイラのために全てを捧げるその心に感動してしまいました。

と同時に、目を覚まさなくなってしまったことを悲しく思います。

前回までが幸せだっただけに、ショックですね…。

コレットのためにも、また二人寄り添える日が来ることを祈ります!!

「コレットは死ぬことにした」は、U-NEXTの31日間無料トライアル無料で読めます♪

無料で読める!/ 

今すぐ「コレットは死ぬことにした」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

ネタバレだけじゃなくて、絵とあわせて「コレットは死ぬことにした」を楽しんでくださいね♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました