君ノ声 ネタバレ 17話!棗は七名に謝ると諏訪部家に戻って来てほしいと言うのですが

漫画ネタバレ

LINEマンガの漫画「君ノ声」(森永ミク先生)17話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

棗は謝り、自分が守るからと七名に諏訪部家に戻って来るように言いますが…一成は心からは七名を信用できないと思い…

>>>君ノ声 ネタバレ 16話はこちら

「君ノ声」はU-NEXTでお得に読めます

お得に読める!/ 

今すぐ「君ノ声」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

 

U-NEXTは、31日間無料トライアル実施中。

会員登録で600円分のポイントがもらえます!

「君ノ声」がお得に楽しめるんですよ♪

→「君ノ声」を全話無料で読む方法はこちら!

君ノ声 ネタバレ 17話!棗は七名に謝ると諏訪部家に戻って来てほしいと言うのですが

弟の棗と、2人きりで話をすることになった七名。

許してもらえないでしょうか、と言って七名に頭を下げた棗。

2人が幼い時、棗が父の大事にしている壺を割ってしまってうろたえていると、七名は自身を指差して笑って見せました。

棗は青冷めながら壺を割ったのは姉だと説明すると、七名は離れにあるボロボロの小屋に閉じ込めらてしまいます。

棗が心配になって様子を見に行くと、七名があざだらけの体で横たわっているのが見えました。

すると母がやって来て、もうここへは来ないようにと約束をさせられた棗。

棗は手に持っていた薬と包帯を、七名に渡すことも許されなかったのです。

 

棗は、母の親族から迎えられた養子でした。

たとえ妾の子であろうと、父の血を引く姉の方が大切にされるべき存在だったはず。

棗は、いつか立場が変わって、今度は自分が同じような目に遭うかもしれないと恐れて、今日まで父母たちの所業を見てみぬふりしていたのです。

 

その頃、別室で待っていたミナミさんは七名のことが心配で、気が気ではない様子。

一成は、棗のことを言葉が足りなくて誤解されやすい可哀そうな奴だ、と言いました。

すると縛られている棗の従者の塔真も、棗は純粋でチョロいお人だから問題ない、と言うのでした。

 

一方、七名に一成と別れて戻ってきて欲しい、と頼んでいる棗。

もう少しして諏訪部家の当主になったら、今度は自分が七名を守りたいと言うのです。

しかし、七名は首を横に振りました。

あの男のどこがいいのかと、いぶかし気な棗。

すると七名は、ココロをはじめてきいてくれた、と伝えます。

一成が一生懸命に、声の出せない自分と向き合ってくれたことが嬉しかったのです。

そうして七名は、首にかけたお守りから紙を取り出しました。

それは一成が、七名の名前を考えるときに候補を書いてくれた紙でした。

七名はそれを大切に持っていたのです。

棗はそれを見て、姉上に実によくお似合いです、と言って微笑みます。

あの男のことを好いているのですね、と言われ、顔を赤らめてうつむく七名。

七名の表情を見て、なんて幸せそうに笑うんだろう、という棗の心の声が、ドアの外で待っている一成には聞こえていたのでした。

 

棗は一成に、着物の仕立てを申しつけて帰ることになりました。

塔真は一成に、棗がちょろいお人で助かりましたね、と言います。

その裏で塔真の心の声が聞こえた気がしましたが、一成はうまく聞き取れませんでした。

パタンと戸が閉まると、諏訪部家との人脈に取り入ることができて喜ぶ一成。

あと一年、七名が傍にいるうちに人脈も資産も増やしておこうと考えます。

七名は、一成のことを心配そうに見つめています。

一成はありがとうと言いましたが、心が聞こえない七名のことを信じるつもりはありませんでした。

信じたらまた裏切られる。

一成には、その強い思いがあったのです。

 

屋敷に戻った棗と塔真。

塔真はある男に、今日のことを報告しています。

それは七名のかんざしを奪った、金髪の男でした。

その前には、膝をついて青冷めた顔をしている七名の母の姿が。

金髪の男は、棗には初めから微塵も期待していなかったと言って、怪しく笑うのでしたーーー。

>>>君ノ声 ネタバレ 18話に続く

君ノ声 を無料で読む方法は?

「君ノ声」は無料で読めるのかしら?

「君ノ声」は完全無料では読めないみたいだけど、U-NEXTでお得に読めるみたいだよ!

「君ノ声」を無料&お得に読めるサービスをまとめてみました♪

U-NEXT ・31日間無料トライアルで600円分のポイントもらえる
・今すぐお得に「君ノ声」が読める
・月額1990円(税抜)

U-NEXT公式サイト

eBookJapan ・会員登録無料
初回ログインで30%OFFクーポンがもらえる
・電子書籍購入でTポイントが貯まる

eBookJapan公式サイト

まんが王国 ・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元あり
・無料漫画が常に3000作品以上

まんが王国公式サイト

music.jp ・30日間無料おためしで600円分のポイントがもらえる
・今すぐお得に「君ノ声」が読める
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

FOD ・2週間無料おためしで最大900円分のポイントがもらえる
・お得に「君ノ声」が読める

・月額888円(税抜)

FOD公式サイト

「君ノ声」は、U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントで、すぐにお得に読めるのね♪

しかも、31日間ずっと無料で使えるんだよ!

無料期間中に解約すれば、月額料金もタダなんだ。

でも、無料から継続すると1200円分のポイントがもらえるから、継続利用もおすすめなんだよ♪

U-NEXTの無料期間中は、アニメ・ドラマ・映画も見放題♪

漫画がドラマ化・映画化された作品も無料で視聴できます。

U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてくださいね!

お得に読める!/ 

今すぐ「君ノ声」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

君ノ声 ネタバレ 17話 の感想!

七名の弟の棗は、七名のことを何もできない人だと蔑んでいたのではなくて、当主となった自分の近くに置いて守ろうと思ったのですね。

一成の言う通り、前話では言葉足らずで誤解を招く態度でしたね。

しかし七名の想いを受け入れた棗は一成のもとに七名を残す決意をしました。

七名の様子からも、一成を信頼して慕っているのが伝わったようです。

一方、一成もそんなやりとりを聞いて心が動かされそうになるものの、心の声が聞こえない限りは七名を信じることはできないと強い意志を持っています。

あくまでも七名は人脈と資産を増やすために利用しているだけだと。

心が苦しいはずがないと言い聞かせる一成ですが、どこか辛そうに見えてしまいます。

そして棗の従者の塔真の存在が気になります。

棗のことをどこか蔑んでいるような発言もしていましたし、最後には金髪の男に密告していたようなシーンも・・・。

続きが気になります!

まとめ

「君ノ声」ネタバレ 17話をご紹介しました!

棗は七名に謝ると、諏訪部家に戻って来て欲しいと頼みます。

しかし七名は、一成の事を好いているように幸せそうな顔を見せるのでした。

棗が帰った後、仕立ての注文を受けた一成は喜び、改めて七名と結婚する意味を考えます。

心の声が聞こえない七名の事を、心から信用できない一成でした。

そして謎の男は…?

謎のかんざし男、気になりますね!

「君ノ声」は無料では読めませんでしたが、U-NEXTの31日間無料トライアルお得に読めます♪

お得に読める!/ 

今すぐ「君ノ声」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

ぜひ、絵とあわせて「君ノ声」を楽しんでください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました