君ノ声 ネタバレ 22話!反物屋への交渉について行く七名…蝶子はその家柄を利用し…

漫画ネタバレ

LINEマンガの漫画「君ノ声」(森永ミク先生)22話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

反物屋への交渉に七名を連れて行く蝶子…その家柄を利用する彼女に一成は七名を傷つけたと思い…

>>>君ノ声 ネタバレ 21話はこちら

「君ノ声」はU-NEXTでお得に読めます

お得に読める!/ 

今すぐ「君ノ声」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

 

U-NEXTは、31日間無料トライアル実施中。

会員登録で600円分のポイントがもらえます!

「君ノ声」がお得に楽しめるんですよ♪

→「君ノ声」を全話無料で読む方法はこちら!

君ノ声 ネタバレ 22話!反物屋への交渉について行く七名…蝶子はその家柄を利用し…

取引を辞めたいと言ってきた反物屋への交渉には七名も連れて行く、と蝶子は言いました。

その真意が聞こえた一成は絶対に駄目だと断ります。

しかし蝶子は、七名はそれで納得しているし、ここで凌がないでどうすると言って一成を突き飛ばしました。

一成は渋々承諾すると、3人は反物屋に向かいました。

 

長い付き合いのある反物屋は、一成との取引を切らないと生糸を卸してもらえなくなるという状況に追い込まれている様子。

口止めされているのか理由を話さずただ頭を下げる仁科に、一成は冷静に話し始めました。

御社の力になれるだろうから、良質で低価格の生糸を扱う会社紹介させて欲しいと。

そして一成はそれを踏まえて聞いていただきたいことがあると言うと、それからうつむいて言葉が出なくなりました。

七名の前でこんなことは言えない。

そう思った一成を察したのか、七名が一成の肩をトントンと叩くと、ニッコリ微笑んで見せました。

そして一成は、婚約者であり諏訪部家のご息女でもある七名を紹介しました。

それを聞いて驚き動揺する仁科。

蝶子はさらに、諏訪部家から大きな仕事をもらっていることを話すと、彼も七名と婚約した甲斐があったと言いました。

もう一度考え直してほしいと頼む一成ですが、首を縦に振れない仁科。

すると七名がすっと立ち上がり、仁科に頭を下げました。

七名にそこまでされてうろたえる仁科は考える時間が欲しいと言いました。

しかし蝶子は今ここで決めるようにと催促します。

そんな蝶子を制して一成はゆっくり返事を待つと言いました。

作業場へと戻った仁科からは、本当にいい家と結婚したな・・・という心の声が一成には聞こえました。

 

その後、詰めが甘いと蝶子に叱られる一成。

蝶子に踏まれた足を痛がる一成に、自分の両手を胸の前でぎゅっと握る仕草をした七名。

大丈夫だと答える一成に、今の七名の手はなんだと蝶子が聞きます。

これは「よかった」という意味で、ふたりで決めた合図だと一成が答えると、またも怒って一成の足を踏みつける蝶子でした。

ところで、生糸を条件に一成との取引を辞めるよう持ちかけてきたのは誰なのか、と話す蝶子と一成。

生糸と言えば、最近異国から来た貿易商が幅を利かせているらしいと蝶子が話します。

それを聞いて、一成の頭に七名と一緒にいた金髪の男が浮かぶのでした。

 

明日は、染め師の仙田のところに行くと言うことで落ち着いた2人。

すると一成は、今日の交渉の場で七名の家柄を利用するような発言をしたのは、きっと七名を傷つけただろうと落ち込みだしました。

蝶子は彼女を利用したことは事実だし、そのために見合いしたのではと言いました。

蝶子は一成が、人の心の声が聞こえることを知っているよう。

ところが七名の心の声は聞こえないのだと一成が話すと、蝶子は笑い転げます。

そして蝶子は七名の心が聞こえないのなら、一成のためにどれだけのことをしてくれたかで、七名のことを見極めろと言って去って行ったのでした。

>>>君ノ声 ネタバレ 23話に続く

君ノ声 を無料で読む方法は?

「君ノ声」は無料で読めるのかしら?

「君ノ声」は完全無料では読めないみたいだけど、U-NEXTでお得に読めるみたいだよ!

「君ノ声」を無料&お得に読めるサービスをまとめてみました♪

U-NEXT ・31日間無料トライアルで600円分のポイントもらえる
・今すぐお得に「君ノ声」が読める
・月額1990円(税抜)

U-NEXT公式サイト

eBookJapan ・会員登録無料
初回ログインで30%OFFクーポンがもらえる
・電子書籍購入でTポイントが貯まる

eBookJapan公式サイト

まんが王国 ・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元あり
・無料漫画が常に3000作品以上

まんが王国公式サイト

music.jp ・30日間無料おためしで600円分のポイントがもらえる
・今すぐお得に「君ノ声」が読める
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

FOD ・2週間無料おためしで最大900円分のポイントがもらえる
・お得に「君ノ声」が読める

・月額888円(税抜)

FOD公式サイト

「君ノ声」は、U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントで、すぐにお得に読めるのね♪

しかも、31日間ずっと無料で使えるんだよ!

無料期間中に解約すれば、月額料金もタダなんだ。

でも、無料から継続すると1200円分のポイントがもらえるから、継続利用もおすすめなんだよ♪

U-NEXTの無料期間中は、アニメ・ドラマ・映画も見放題♪

漫画がドラマ化・映画化された作品も無料で視聴できます。

U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてくださいね!

お得に読める!/ 

今すぐ「君ノ声」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

君ノ声 ネタバレ 22話 の感想!

自分が交渉の場に連れて行かれた意味を理解して、反物屋の仁科に頭を下げた七名、切なくも美しい姿でした。

早く声が出せるようになって、一成の役に立ちたいと伝えていた七名。

こうすることで、一成の役に立てると思っての行動だったのかもしれません。

蝶子の一成への指摘は的確ですね。

確かに一成は諏訪部家のご息女である七名を、自分の人脈と資産を増やすために利用するつもりでお見合いをしたはずでした。

にもかかわらず、その家柄を利用してしまったことに罪悪感でいっぱいの一成。

矛盾した自分の気持ちに一成は戸惑っているようです。

心の声が聞こえないなら行動こそすべて。

ファンキーな蝶子さんですが、良いことを言いますね。

このあと泊まる宿では七名と一成は同じ部屋で2人きりになるようです!

2人はどんなやりとりをするのでしょうか。

次の話が楽しみです。

まとめ

「君ノ声」ネタバレ 22話をご紹介しました!

ファンキーな蝶子さん、良いキャラクターですね!

一成が心の声を聞く能力を持っていることを知っている、唯一の人物だったとは。

そして鋭い言葉を投げかける蝶子だからこそ、一成も信頼しているのかもですね。

七名の凛とした立ち振る舞い、カッコいいです!

続きが気になりますね!

「君ノ声」は無料では読めませんでしたが、U-NEXTの31日間無料トライアルお得に読めます♪

お得に読める!/ 

今すぐ「君ノ声」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

ぜひ、絵とあわせて「君ノ声」を楽しんでください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました