君ノ声 ネタバレ 20話!簪を持ち去った男を探す七名…一成は子供の頃を思い出し…?

漫画ネタバレ

LINEマンガの漫画「君ノ声」(森永ミク先生)20話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね!

簪を直すと言って持ち去った金髪の男を探す七名…一成は子供の頃の事を思い出し手を伸ばすと…?

>>>君ノ声 ネタバレ 19話はこちら

「君ノ声」はU-NEXTでお得に読めます

お得に読める!/ 

今すぐ「君ノ声」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

 

U-NEXTは、31日間無料トライアル実施中。

会員登録で600円分のポイントがもらえます!

「君ノ声」がお得に楽しめるんですよ♪

→「君ノ声」を全話無料で読む方法はこちら!

君ノ声 ネタバレ 20話!簪を持ち去った男を探す七名…一成は子供の頃を思い出し…?

お天気の良い朝、七名は庭に出て自分ののどに手を当てています。

チュンチュンと雀が鳴いているように自分も声が出せたら…と思ったのです。

ところが口を開けてみても、やはり声が出ることはありませんでした。

 

そこへ「七ー名ちゃん!」と元気な声がして、ミナミさんがやって来ました。

カゴいっぱいの朝採れ野菜を七名に渡すと、まだ寝ている一成のことを朝に弱いお人だと言いました。

すると七名は文字を書いた紙をミナミさんに見せました。

金髪の男の人を、このあたりで見ていないかと聞いているのです。

あいにくそんな人は見ていないと答えるミナミさんですが、字がうまくなったといって七名の頭をなでて褒めたのでした。

一成のことを起こしに行こうと張り切るミナミさんですが、七名は簪を直すと言い、持って行ってしまったきりの金髪の男のことが気がかりなのでした。

 

幼い頃の一成は、わが村の神様だと言って崇められていました。

神様と崇める声の中に、あのあばずれの子がと言う声も混ざっているのが、当時の一成には聞こえていました。

ふと、弟を抱く母の姿が見えました。

あぁ愛しい…可愛い…と、母の心の声が聞こえています。

一成は母を呼び止めると、僕のこと好き?と尋ねました。

勿論大好きよと言って微笑む母ですが、あなたのおかげで、あの人がまた私を見てくれるようになったと心の声が聞こえました。

そして成長した一成は、味方だと言ってくれた女性に裏切られた経験もしました。

今、目の前には七名が笑ってこちらを見つめています。

そんな七名の手を引いて連れて行ってしまう金髪の男。

七名もその男を見つめて嬉しそうに笑っています。

待ってーーー!と言って手を伸ばすと、寝ぼけた一成は七名を抱き寄せていました。

一成は夢を見ていたのです。

ちょうどそこへ起こしにやってきた七名の腕を掴んで、引き寄せていた一成。

その瞬間を見てしまったミナミさんは「ああああー!」と嬉しそうに大騒ぎ。

一成も「ああああー!」と大きな声で叫んでしまったのでした。

 

一成は七名に会ってから、どうかしていると思いました。

あと一年で七名の声が出ず、心の声も聞くことができなければ婚約は解消。

もしあと一年で、心の声を聞くことができれば諏訪部家と結婚する。

そうなれば七名に不自由はさせないが決して愛しはしない。

今までのように、いつだって自分の得になることだけを考えろ、と言い聞かせる一成でした。

 

その時ミナミさんがやって来て、一成が朝ご飯も食べずに仕事に来たことを叱りました。

幸吉は朝から七名と仲良くしていたことを聞いたらしく顔を赤らめて興奮しています。

お赤飯を炊いてきたミナミさんに、まてまて…と呆れる一成。

心配した七名も一緒に来ていました。

一成に、日記帳を遠慮がちに渡した七名。

それを見て、また2人だけの秘密ですか?と興奮する幸吉。

その時、カツンとヒールの足音がして、一成はびくっと反応しました。

幸吉に、急いで下におりて、ここを片付ける時間を稼ぐように言いつけました。

奴が来る!!

そう言って慌てふためく一成なのでした。

>>>君ノ声 ネタバレ 21話に続く

君ノ声 を無料で読む方法は?

「君ノ声」は無料で読めるのかしら?

「君ノ声」は完全無料では読めないみたいだけど、U-NEXTでお得に読めるみたいだよ!

「君ノ声」を無料&お得に読めるサービスをまとめてみました♪

U-NEXT ・31日間無料トライアルで600円分のポイントもらえる
・今すぐお得に「君ノ声」が読める
・月額1990円(税抜)

U-NEXT公式サイト

eBookJapan ・会員登録無料
初回ログインで30%OFFクーポンがもらえる
・電子書籍購入でTポイントが貯まる

eBookJapan公式サイト

まんが王国 ・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元あり
・無料漫画が常に3000作品以上

まんが王国公式サイト

music.jp ・30日間無料おためしで600円分のポイントがもらえる
・今すぐお得に「君ノ声」が読める
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

FOD ・2週間無料おためしで最大900円分のポイントがもらえる
・お得に「君ノ声」が読める

・月額888円(税抜)

FOD公式サイト

「君ノ声」は、U-NEXTの31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントで、すぐにお得に読めるのね♪

しかも、31日間ずっと無料で使えるんだよ!

無料期間中に解約すれば、月額料金もタダなんだ。

でも、無料から継続すると1200円分のポイントがもらえるから、継続利用もおすすめなんだよ♪

U-NEXTの無料期間中は、アニメ・ドラマ・映画も見放題♪

漫画がドラマ化・映画化された作品も無料で視聴できます。

U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてくださいね!

お得に読める!/ 

今すぐ「君ノ声」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

君ノ声 ネタバレ 20話 の感想!

文字の読み書きに加え、1人でこっそりと声を出す練習をしている七名、健気ですね。

ミナミさんに字を書くのが上手になったと頭を撫でられて嬉しそうにする七名も可愛いです。

一成は最愛の母には弟のように心から愛してもらえることはなく、何があっても味方と言われた女性にも裏切られ、女性に対して不信感や諦めのような感情があるようです。

ところが七名と出会ってから、変な夢は見るし棗にも七名の気持ちを知ろうとしたことはあるのかと説教めいたことを言ってしまった。

七名のことを特別に想うようになっている自分に戸惑っているのですね。

いつか七名と結婚したとしても、決して愛しはしない。

そんな未来を想像して、罪悪感にさいなまれているように見えました。

初めて渡された七名からの日記帳には、何と書かれているのでしょうか。

そして一成が恐れるヒールを履いた「奴」とは誰なのでしょうか?

まとめ

「君ノ声」ネタバレ 20話をご紹介しました!

心の声を聞いてきた一成、すっかり人を信用できなくなっているんですね。

自分のトラウマと、日増しに大きくなる七名の存在…。

七名もまた、自分と同じように心の声が視えるということを知ったら、どうなるのでしょうか?

続きが気になりますね!

「君ノ声」は無料では読めませんでしたが、U-NEXTの31日間無料トライアルお得に読めます♪

お得に読める!/ 

今すぐ「君ノ声」を読む!

※31日以内に解約をすれば0円! 

ぜひ、絵とあわせて「君ノ声」を楽しんでください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました