上履き入れの作り方(キルティング)!切り替えや裏地ありは難しい?おすすめサイズも!

うわばきいれ 入学準備品

入学準備で必要になるものの1つに上履き入れがあります。

また学年が上がるにつれて、上履き入れが小さくなってしまうことも。

ぜひ、お子さんの好きな柄で上履き入れを作ってみませんか?

一番簡単なのは、キルティング一枚で作る上履き入れですが、ここでは切り替えのある上履き入れをご紹介します。

更に、長く使えるように裏地ありの上履き入れにしてみませんか?

切り替えや裏地を付けるのは難しそうに思うかもしれませんが、意外と簡単に作ることができます。

裏地なしよりもしっかりとした作りになるので、おすすめですよ!

上履き入れの作り方(キルティング)!切り替えや裏地あり

上履き

では、キルティングで作る切り替えあり、裏地ありの上履き入れの作り方をご紹介します。

足のサイズが大きくなる高学年のお子さんには、大きめのサイズをおすすめします。

お子さんに合ったサイズで作って下さい。

材料(低学年用:出来上がりサイズ/縦26㎝×横20㎝)
・キルティング生地A:2枚(縦18㎝×横23㎝)
・キルティング生地B:1枚(縦18㎝×横23㎝)
・裏地B(シーチングやブロードなど):1枚(縦58㎝×横23㎝)
・アクリルテープ: 25㎜幅(10㎝、30㎝)‥それぞれ1本ずつ
・Dカン(内径2.5㎝):1個

材料(高学年用:出来上がり/縦28㎝×横22㎝)
・キルティング生地A:2枚(縦19㎝×横24㎝)
・キルティング生地B:1枚(縦20㎝×横24㎝)
・裏地B(シーチングやブロードなど):1枚(縦58㎝×横24㎝)
・アクリルテープ:25㎜幅(10㎝、30㎝)‥それぞれ1本ずつ
・Dカン(内径2.5㎝):1個

 

生地を裁断。

以下の図のように、キルティング生地AとBを縫い代1㎝で縫い合わせます。

縫い合わせたサイズが裏地と同じサイズになることを確認しましょう。

生地に図柄がある場合は、図柄の向きに気をつけて縫い合わせて下さい。

 

持ち手の準備。

持ち手になるアクリルテープ(30㎝)を半分に折り、端から0.5㎝の位置にミシンをかけます。

もう一方のテープ(10㎝)には、Dカンを通し、持ち手と同様に0.5㎝の位置にミシンをかけましょう。

 

持ち手を取り付ける。

生地の両端の中心に持ち手となるテープと、Dカンに通したテープを配置し、0.5㎝の位置をミシンで縫って仮止めをします。

 

表地と裏地を縫い合わせる。

表地と裏地を中表で合わせ、端から3㎝の位置にミシンをかけます。

持ち手やDカンをつけた部分は、生地が厚くなっているため、ゆっくりとミシンを動かしましょう。

縫い合わせた部分を割って、アイロンをかけます。

 

両脇を縫う。

表地と裏地に分けて重ね合わせ、裏地側に返し口(12㎝前後)を残して縫い代1㎝で縫います。

両脇を縫い合わせたら、縫い代をアイロンで割ります。

上履き入れを返し口から裏返し、アイロンをかけて形を整えます。

 

袋口に押さえミシンをかける。

袋口から2㎝の位置にミシンをかけます。

持ち手とDカンの部分のミシンがけは、厚みがあるので十分に注意して進めましょう。

 

返し口を縫う。

裏地の返し口を縫います。

ラダーステッチで綴じると、きれいに仕上がります。

上履き入れの作り方(キルティング)!小学生のおすすめサイズは?

小学生の上履きのサイズの平均は、入学時には約18㎝~20㎝ほどで、卒業時には22㎝~24㎝くらいになると言われています。

お子さんの成長に合わせて、少し小さくなってきたなと感じたら、出し入れがしやすいように大きめの上履き入れを作ってあげたいですね。

 

【低学年用】

低学年のお子さんも実際のサイズよりも少し大きめが出し入れがしやすく、おすすめです。

低学年の上履き入れは、「縦26㎝×横20㎝」前後が使いやすいサイズです。

 

【高学年用】

大人とほぼ同じサイズを履くお子さんも出てくる、小学校高学年。

高学年の上履き入れは、「縦28㎝×横22㎝」前後が使いやすくおすすめです。

上履き入れの作り方(キルティング)!マチ付きも!

上履き入れを作るときに、もう一手間かけてマチをつけてみませんか?

上履きは厚みがあるので、マチがあると使いやすさがアップしますよ。

マチをつけたい場合には、生地を裁断するときにマチの分を足す必要があります。

縦:つけたいマチの1/2幅(5㎝のマチにしたい場合は、プラス2.5㎝)
横:つけたいマチと同じ幅(5㎝のマチにしたい場合は、プラス5㎝)

 

【マチのつけ方】

マチをつける場合、返し口から上履き入れを裏返す前(手順⑤)に、一手間加えます。

上履き入れの底の部分を三角形に折ります。

5㎝のマチを作る場合、高さ2.5㎝、底辺が5㎝の三角形となります。

三角形の底辺になる部分をミシンで縫います。

ほつれ防止に同じ場所を2~3回縫っておきましょう。

また、その外側にも一本ミシンをかけると安心です。

最後に三角形の不要な部分を切り落とせばマチの完成です。

表地、裏地ともに同じように縫いましょう。

上履き入れを作る時の注意点は?

入学時に上履き入れを作る場合には、長く使えるように生地選びをしましょう。

また高学年用に作り変える場合は、卒業後も使えるデザインだと中学生以降も使うことができますね。

上履き入れのサイズは、低学年用、高学年用とご紹介しましたが、あくまでも目安としての数字なので、お子さんのサイズに合わせて作ることが大切です。

まとめ

上履き入れの作り方(キルティング)の作り方、いかがでしたか?

簡単に切り替えを入れることができるので、ぜひ生地合わせを楽しんで下さい。

上がこの生地なら、切り替え部分はこの生地にしよう!とデザインから決めるのは、とても楽しいですよ。

外からは見えない裏地も、お子さんの好きな柄にしてあげるのもいいですね。

好きな柄を選べるのは、手作りならではです。

ぜひお気に入りの生地で上履き入れを作ってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました