音楽好きにも、モノづくり好きにも楽しめるフェスでありたい。

職人さんに出会える場所

普段の生活の中では中々職人さんの事を意識するってこと無いと思うのですが、

それは、その職人さんに会った事がないからなのだと思います。

皆さんは「囲碁」というボードゲームをご存じでしょうか?

白い石と黒い石がそれぞれの陣地を争うゲームなのですが、

私は以前から「囲碁」が好きで、碁会所と呼ばれるところへ足を運んでいた事もあるほどです。

そんな中、旅行をしていた時に「那智黒石」の工芸品が置かれているお店に出会いました。

お店には那智黒石を加工して作られた、可愛らしい置物や、硯などが売られており、

その中に囲碁で使われる「碁石」も発見。

 

ここは、職人さん自らが経営されているお店で、直接いろんなお話を伺うことが出来ました。

まず、この本物の那智黒石を使った商品が減ってしまっている事。

そして、職人さん自体が減っていってしまっている事を聞きました。

実際に加工をしている所も見学させて貰え、その技術の素晴らしさに感動しました。

それは、長年携わる事で磨かれた技であり、日本の誇るべき文化。

それが減少していっているのは、こういった職人さんの存在が知られていないからなのだと思います。

この出会いから、まずは多くの方に本物を知って頂く機会と、

普段手にしている物の先にいる職人さんの事を知って貰いたく、今回のコンセプトへと繋がります。

LeyLineFestival2017では、様々な職人さんに出会う事が出来ます。

より多くの方に、本物の素晴らしさを知って頂ければと思います。

PAGE TOP